ブログ

下町ロケットの殿村直弘役立川談春は落語家?弟子や独演会をチェック

Sponsored Link


立川談春_-_Google_検索こんにちは、ドラマ大好きぐーちゃんママです^^♡

今日は、いよいよ始まる

池井戸潤原作「下町ロケット」のキャストを見ていたら

気になる人を見つけました、

殿村直弘役の立川談春さんです。

ドラマ「ルーズベルトゲーム」にも出てた人です・・

イツワ電器の社長役でした、

あの時 顔が凄く憎たらしくて・・・だって かたき役だったから(笑)

今回はどうでしょう!!  チェックしまーす^^♡

プロフィール!

立川談春(たてかわ だんしゅん)

立川談春_-_Google_検索

1966年6月27日生まれの49歳

本名は、佐々木信行(ささき のぶゆき)

1984年3月 埼玉県立南陵高等学校を中退し 7代目(自称5代目)落語家立川談志に入門

1988年3月3日 二つ目に昇進 (高座名 立川談春)

出囃子(でばやし)は『鞍馬』

 

「 大和田伸也さんに似てる^^♡」と 思います

大和田伸也_-_Google_検索

ルーズベルトゲームのイツワ電器社長、坂東昌彦役のとき

始めは、大和田伸也さんと思ってました

「大和田さん どうして、こんなに 鼻の穴をおっぴろげた顔して 演技してるんだろう〜」って

本当に思ってました(笑)

立川談春_-_Google_検索

途中で、「何だか 違う?? 違う人??」って 気づきました ・・・気づくの遅〜い(笑)

結構、落語界では、有名な人のようです・・・ごめんなさい!!

 

いろんな賞を受賞してる凄い方でした!!

立川談春_-_Google_検索

1997年  第2回林家彦六賞・・・将来性のある若手芸人や、寄席文化に著しく貢献した人へ

2003年  彩の国落語大賞・・・埼玉で落語会を催した、有望な若手を表彰する

2004年  平成15年度国立演芸場花形演芸大賞

2008年  第24回講談社エッセイ賞(赤めだか)

 

弟子に厳しい!!

現在、二つ目のお弟子さんは

立川こはるさん(2006年入門)と立川春吾さん(2007年入門)のお二人です

立川こはる_-_Google_検索 立川春吾_-_Google_検索

(右が 立川こはるさんで、左が 立川春吾さんです↑)

昇進が厳しい落語立川流の中でも、談春一門は特に厳しいそうです

談春門下の前座は入門してから5年間で その間に二つ目に昇進しなければ破門

そして、昇進試験は1度だけ・・・

上のお二人は、そんな難関をクリアした 優秀な方です^^

 

二つ目って何??

落語家(東京)には、「真打ち」「二ツ目」「前座」「前座見習い」という階級があるそうです

二ツ目とは、寄席の番組(プログラム)で二番目に高座へ上がるので『二ツ目』と呼ばれます。

二ツ目になると、師匠の家や楽屋での雑用がなくなります。

着物も、今までは着流しだったのが紋付を着て、羽織も着られて、袴を着けることもできるようになります。

見た目は一人前の落語家です。

目指すのは、「真打ち」です 

でも、真打ちは 二つ目を10年勤めないと成れません! 大変な世界ですね!!

 

立川談春さんの独演会は人気♡

立川談春_-_Google_検索

立川談春_-_Google_検索

立川談春_-_Google_検索

別名「もっともチケットが取れない落語家」とか・・・

独演会などのチケットは即日完売を連発してるそうです

そんな話を聞くと、益々 高座を見に行きたくなりますね^^♡

まとめ!

立川談春さんの落語を見たいけど、チケットが 取りずらいらしいので、

とりあえず、ドラマ「下町ロケット」で演技を楽しみます^^♡

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る