ブログ

マッサンエマと一馬の恋の行方や結婚は?出征などのネタバレ!

Sponsored Link


images189こんにちは。

マッサン観てますか?

第二次世界大戦に入ってしまいましたね

ごちそうさん」や「花子とアン」も

梅ちゃん先生」もみんな戦争の時は

辛くて、悲しくて、暗い時代で・・・・・

 

5458b274836ea観ている方も 落ち込みましたよね?!

でも、マッサンは海軍の指定工場になる事で

経営を続けて来れました。

マッサンには、戦争は明るい事かと思ってましたが、

やっぱり違いましたね!

エリーは危うく 憲兵に連れて行かれるところでした。

 

そんな中、若い二人は 恋をしてます。

早速、調べて見ました。

 

 

エマの恋の相手は一馬くんです。

戦争で若い職人さんたちは戦地に行ってしまって、

だから残ってる一馬くんに恋したって言ったら

怒られてしまいますね・・・ごめんなさい(– – )

エリーとマッサンが若いとき以来

若い二人の恋は初めて?ですよね ♥ ♥

どんな時でも恋は良いですね?

 

二人の恋のきっかけ!

 

女学校を卒業して、勤労奉仕で軍服を作るエマは

マッサンやエリーの様に夢を持って強く生きていない自分が

情けないと悩みを、一馬に打ち明ける。

一馬も仲間が出征していくのに、見送るだけの自分が心苦しいと

相談していくうちに、二人はお互いがを好きになって行く・・・・

そして、

エマは一馬が好きと告白する ♡

二人の気持ちを知ったマッサンは、二人が結婚したら

工場の後継者も出来ると、賛成するけど、

エリーは大反対する。

 

エリーの悲しい過去!

 

エリーは第一次世界大戦で、恋人を亡くし傷ついた過去をエマに

告げます。

実在モデルのリタさんは、本当に恋人を戦争で亡くしてらっしゃいます。

一馬はいずれ、赤紙が来て、戦争に行ってしまう人、

命の保障は無いのです。

しかし、エマは自分の思いは本物だと

決心の強さをエリーに話します。

その気持ちに押し切られるかたちで、エリーは

二人を応援することにします。

 

一馬に召集令状が来る!

結局、一馬は戦争に行ってしまうんですね

帰って来るかどうかは、分かりません。

 

エマの実在モデルはリマさんですが、一馬の実在モデルは

不明です。

二人の愛は、脚色ですので、今後どうなるか見守って

行きたいです。

 

第22週 は 「親思う心にまさる親心」

親思う心に勝る親心 けふの訪れ何と聞くらむ

この詩は、吉田松陰の詩で、江戸在獄中の、安政6年10月20日付、

父・叔父・兄らに宛てた書状の中にあります。

刑死の1週間ほど前のものです      (『吉田松陰書簡集』岩波文庫)

松陰、辞世の句ですね?!

22週のサブタイトルは、この句です。

 

一馬も、出征を前に、父熊虎に、遺書を書きます。

ニシン漁師の綱元だった、父を誇りに思っていたことや、

ハナに育ててもらった感謝の気持ちです、

また、熊虎も、息子が お国のために役立てると

喜びを語りますが、

本当の気持ちは言えません。

どうやら、歌に込めて 伝えるようです。

 

涙なくしては、観れない感動の週になる事

間違いなしですね!!

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る