ブログ

あさが来た成澤泉の実在モデルは誰?成瀬仁藏は日本女子大学の創設者

Sponsored Link


成瀬仁藏_-_Google_検索こんにちは、朝ドラ大好きぐーちゃんママです^^♡

あさは 成澤泉と出逢い、これからの女性の教育の場

女子大学創設のため

大いに尽力する事になります

「あさが来た」の第一回目を覚えていますか?

あさが洋服を着て、たくさんの女学生の前で

何やら、挨拶をしていましたね!!

あさに大きな影響を与えた 成澤泉の実在モデル、

成瀬仁藏さんをチェックしたいと思います。

成瀬仁藏(なるせ じんぞう)ってどんな人?

成瀬仁藏_-_Google_検索

明治から大正のキリスト教牧師(プロテスタント)であり、

日本における女子高等教育の開拓者の1人

日本女子大学(日本女子大学校)の創設者 です

現在の日本女子大学です↓

日本女子大学_-_Google_検索

成瀬仁藏は 1858年8月2日生まれで〜1919年3月4日に亡くなってます

享年61歳と、何とも短い人生ですね!!

現在の山口県山口市に生まれ、

父・小左衛門は長州藩毛利家の一門に仕える下級武士

母・歌子は隣村の出身で藩士の娘でした

仁藏は長男です

仁藏は、1874年(16歳の時)に父を亡くしています

山口の教員養成所の二期生になり 卒業後 小学校教員になっています。

沢山保羅↓

沢山保羅_-_Google_検索

翌 1877年に沢山保羅(さわやま ぽうろ)と出逢い

彼の感化でキリスト教に入信します。

大阪で梅花女学校(梅花女子大学)の教師を務めたのち,

奈良や新潟で伝道活動に従事します。

 

米国留学!

アンドーバー神学校↓

アンドーバー神学校_-_Google_検索

クラーク大学↓

クラーク大学 アメリカ_-_Google_検索

1890年にアメリカに渡り、アンドーバー神学校や、クラーク大学で教育学や社会学、

キリスト教などを学び、ユニテリアン的な思想を身に付け、

各種社会施設も視察して女子教育研究を行い、1894年に帰国します。

※ユニテリアン的な思想とは、

イエス・キリストを宗教指導者としては認めつつも、

その神としての超越性は否定するという考え方です!

 

成瀬仁藏の言葉

成瀬仁藏_-_Google_検索

聴くことを多くし、語ることを少なくし、行うことに力を注ぐべし!

何とも、耳の痛い言葉ですね〜

おばちゃんって この言葉の反対の人が多いから・・・・

ぐーちゃんママもその一人(涙)

今回 この言葉に出会ったので 早速実行するように心がけます。

 

広岡浅子との出会い!

成澤泉_-_nontan7000_gmail_com_-_Gmail

ドラマのように銀行に押しかける様な失礼な出会いでなく

「会って欲しい」と言う成瀬仁藏からの手紙で始まりました!

広岡浅子さんは、彼の女子教育に対する熱意に 大きく感銘して

積極的に協力します

当初、大阪に開校する予定でしたが

浅子の働きかけで、三井財閥から東京・目白の地(現在地)を寄贈され

1901年(明治334年)に、日本女子大学校を創設する事が出来ました。

後日、成瀬仁藏さんは、浅子さんの事をこの様に言われてます。

「また廣岡夫人は此の大学を建てる事を女子の天職と御感じになり我邦の必要といふことを認められて

殆ど其の炭鉱事業の如き熱心を以て此の事業の為に御尽くし下さった。

為に此の学校が困難なるにも拘らず其の目的を達するようになったといふ事は事実であります」

女性も当たり前に大学に行っている現在ですが、

このお二人の熱い情熱を忘れてはいけませんね!!感謝です♡

成澤泉役を演じている、瀬戸康史さんの事はこちらです!

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る