ブログ

まれの製菓指導辻口博啓のプロフィールは?結婚や店舗やお菓子は?

Sponsored Link


辻口博啓_-_Google_検索こんにちは、朝ドラ大好きぐーちゃんママです。

「まれ」見てますか?

稀は、頑張ってパティシエの修業してますね?

初めは、メレンゲ作り、必死に泡立てていました、

次にチョコレート、そして、カスタードクリーム・・・

お菓子の作りの基本ですネ^^♡

ところで、稀のお菓子作りの指導者

池畑大悟じゃなくて、リアルな指導者が

辻口博啓さんです、今日は彼をチェックしようと思います^^

辻口博啓(つじぐち ひろのぶ)

金髪でびっくり!第一印象は、やんちゃなお兄さんですね(笑)

 

プロフィール!

辻口博啓_-_Google_検索

1967年3月24日生まれの48歳、石川県七尾市出身のパティシエです。

血液型はA型です、やっぱり几帳面なのかなぁ?

 

私はAB型なので、いつも変人扱いされるので、自分の血液型を言うのが

好きじゃありません、C型とか言ってごまかす時もあります。

 

和菓子_-_Google_検索

辻口さんは、稀と同じ能登出身です。

和菓子屋『紅屋(べにや)」の長男に生まれ家業を継ぐつもりだったのが、

小学校3年の時、友達の家でショートケーキを食べて、感動!!

洋菓子職人を志すようになったそうです^^♡

ショートケーキ_-_Google_検索

しかし、これには、裏話があって・・・・

 

辻口少年が、ショートケーキがあまりに美味しく、

お皿に残ったクリームを、なめてたら、

そこのお母さんが、「こんな美味しいもの食べた事無いでしょ!」

と、見下す感じで言われ、

「これより美味しいケーキ作ってやる」と奮起して、

洋菓子を勉強する様になったそうです。

 

コンクール荒らし!

1990年に史上最年少の23歳で「全国洋菓子技術コンクール」優勝

その後、国内の多くの大会で優勝しコンクール荒らしと言われたそうです

道場荒らしみたいですね(笑)

 

1994年フランスの「コンクール・シャルル・プルースト」で銀賞

1997年パティシエのワールドカップと呼ばれる

「クープ・ド・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」のあめ細工部門で優勝

池畑大悟履歴_-_nontan7000_gmail_com_-_Gmail

池畑大悟もこの賞をとりましたが、本当に実在する賞だったんですね

 

フランスのセット市にある、MOFの称号を持つ洋菓子店「パティスリー・ベルタン」で修行を重ねます

パティスリー・ベルタン_-_Google_検索

※ MOFとは、フランスの国家最優秀職人章の称号

 

1998年3月東京自由ヶ丘に「モンサンクレール」をオープン!

モンサンクレール_店舗_-_Google_検索

 

料理の鉄人になる

1999年2月12日放送の「料理の鉄人」でイタリアンの鉄人を

バナナ対決で破りパティシエとして初めて勝利しました^^♡

 

ますます、大悟に似てますね!って言うか大悟みたいですね

「まれ」のストーリーって

辻口さんをパクってますね?

 

「まれ」は「マッサン」の様な、実在モデルは居ないと

思っていましたが、ちゃっかり辻口さんをパクってたなんて、ちょっとショック・・

でも、実在モデルを発見して嬉しいです^^♡

 

結婚は?

結婚されてるかどうかさえも、今は、わかりませんでした。

わかったら、また報告します

 

店やお菓子は?

モンサンクレール(東京・自由が丘)をはじめ、コンセプトの異なる12ブランドを展開中!

2014年には初の海外店舗「モンサンクレール ソウル」をオープン。

モンサンクレール_ソウル_-_Google_検索
モンサンクレール_ソウル_-_Google_検索

 

お店は、ラグジュアリーホテルとして名高い「バンヤンツリークラブ&スパ ソウル」の1階!

に入っているそうです。

モンサンクレール_ソウル_-_Google_検索

 

ロイヤルセントヨーク_Royal_St_york___静岡市結婚式場

 

 実家倒産!

実家の和菓子屋『紅屋』は、彼が18歳の時に倒産してます、

2004年に二子玉川のデパートに和スイーツ「和楽紅屋」をオープンし

実家の紅屋の再建を実現しました。

和楽紅屋」では、和ラスクが人気です^^

 

 まとめ!

まれの製菓指導辻口博啓さんは、まれのモデルの様な存在

現在、日本国内でも数多くの店舗を展開中!

海外にも進出、今後ますます活躍を期待される、パティシエです^^♡

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る