ブログ

まれの外浦(そとら)村の場所は何処?ロケ地は輪島市大沢町?

Sponsored Link


images310こんにちは。

 

「まれ」もスタートして はや 一週間が過ぎました。

何となく、ドラマの雰囲気が分かって来ましたね、

愉快で楽しく、アットホームな感じが伝わってきます。

 

能登の、大自然のお陰で、 豊かな気持ちになります。

ふと、ここは、能登の何処だろう?とおもい

調べてみる事にしました。

 

 

 

外浦(そとら)村は何処?

 

外浦(そとら)村を検索したけど、どうやら 「まれ」の中だけの 想像の村のようです。

 

能登半島は西側の外浦東側の内浦に分けられていて、

内浦は富山湾と連続した海外線のため大きな湾を形成しているので

波も穏やか!

一方、外浦は日本海の荒波をまともに受け荒々しい波風が吹く!

 

石川県に内浦町はあるが、外浦町も外浦村も存在しない。

「外浦村(そとらむら)というネーミングは絶妙で、

あたかもここにあるだろうと思わせるくらい存在していそうな地域名である。

 

桶作元治さんが

「能登は陸地の果てという人もいるけど、

能登は海に向かって開けているんだ!」と

言ってましたね、

なんて、前向きな、素晴らし考え方なんでしょう!

images165

辛いとき、考え方一つで、気持ちが明るくなりますね?!

 

 

ロケ地の一つ、大沢町!

 

輪島の中心から、クルマで30分のところにある

大沢町がロケ地の一つですが、

大沢町は、間垣の里と言われます

上大沢

間垣の町並み

ダウンロード271

 

輪島の中心地から険しい山道をはしり、

峠を抜けると、眼下に冬の日本海が広がり、

竹の垣根でぐるりと囲まれた集落が姿を現します。

異境の地に迷い込んだかのような不思議な町並み。
この一風変わった「間垣の里」は、

上大沢町と大沢町の二カ所に点在しています。

 

「間垣」とは、長さ約3メートルのニガ竹という細い竹

びっしりと隙間なく並べてつくった垣根のこと。

日本海から吹き付ける冬の風から家屋を守るためのもので、

冬は暖かく、

夏は陽射しを遮るためとても涼しいのだとか。

まれが、バス亭から 集会所に向かって、走っているとき

間垣」が映ってましたね?

 

能登は、とても魅力的な所のようですね?

特に、「間垣の里」に行ってみたいですね

きっとタイムスリップしたような、不思議な世界だと

思います。

厳しい自然に耐えて生きてきた、人々の知恵が

間垣の里」を生み出したんでしょうね?

 

そして、祭りにのぼせて、 我を忘れ  自分を解放したいです!

images162

 

やっと、桶作さん夫婦の家を、借りることが出来ました

よかったですね!

 

いよいよ第二週目からは、

希は、土屋太鳳ちゃんに、バトンタッチです!

どんな展開になるんでしょう^^♡

楽しみです^^♡

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る