ブログ

ようこそ、わが家への寺尾 聰の父親は宇野重吉!嫁は?目は病気?

Sponsored Link


ダウンロード192こんにちは。

四月から、フジテレビ系で、始まる

嵐の相葉くん主演の

月9 「ようこそ、わが家へ」の

キャストやあらすじは

前回、紹介しましたが、

 

 

今回は父親役の「寺尾聰さん」の事、少し詳しくチェックしました。

 

 

プロフィール!

ダウンロード195

寺尾  聰 (てらお あきら)

生年月日    1947年5月18日

出身地      神奈川県横浜市保土ヶ谷

ジャンル     映画・テレビドラマ・演劇

配偶者      范文雀 (はんぶんじゃく)1973年ー1974年

ダウンロード196

 

 

 

 

 

配偶者       星野真弓

ダウンロード197

 

父  宇野重吉 (うの じゅうきち)

ダウンロード198

 

私の中では、寺尾さんは 音楽家です。

昔、ザ・サベージと云うフォークグループで歌ってらっしゃいました。

ベースギターを担当してらしたそうです。

いつまでも いつまでも」でデビュー!大ヒットしました

子供だった私でも 口ずさんでいました!

いつまでも ♪~ いつまでも ♪~の作詞・作曲は 佐々木勉さんで、

寺尾さんの 作詞・作曲は「恋の散歩道」です。


こちらは、「いつまでも、いつまでも」です。

お楽しみ下さい ^^♡

 

 

 目は病気?

NHK大河ドラマ「軍師 官兵衛」ご覧になりました?

寺尾さんは、家康役でしたね!!

右目変でしたよね?

images242

 

私は、寺尾さんも年取ったなーなんて思ってました。

年取ると、目(まぶた)が 重くなって、目が小さくなるでしょ!

そう思ってました。

 

でも、なんと 役作りの為に、わざと右目を半開きのようにした

そうなんです。

こうした方が、家康の 狸おやじらしさが出るからだそうです

凄い 役者魂ですね!

 

お父さんは、宇野重吉!

宇野重吉さんは凄い役者さんなんです。

滝沢修らと共に劇団民藝の創設者であり、第二次世界大戦前から戦後にかけて

長く演劇界をリードしてきた名優である

レアリズムを基調とした近代的な芸を追及してきた。

 

主な作品

舞台  『オットーと呼ばれる日本人』

映画  愛妻物語 ・ 第五福竜丸  ・ 金環蝕 (石川達三)

 

お父さんの事は、長くなるので、またチャンスがあったら

お知らせします。

 

嫁は?

范文雀 (はんぶんじゃく)

たった一年で離婚されたそうですが、 私には凄ーく

印象的な人なので、少し語らせて下さい

あの頃 すごく人気があった 漫画 「サインはV」 の実写版で

混血アタッカー ジュン・サンダース役  を演じてました

顔は少し浅黒くメークして、クールでしかも繊細なハートの持ち主の役

ぴったりでした。

毎週ワクワクしながら観てました。

images244 images243

 

ルビーの指輪

日本レコード大賞受賞 ♠

発売当初はさほど売れていなかったけど、

発売から約1ヶ月程経った後から徐々に売上を伸ばしていき、

オリコンチャートで1位を獲得し、

同時期にTBS系の歌番組「ザ・ベストテン」で1位を記録し

12週連続1位という同番組の最長記録を樹立し、

この記録は放送終了まで破られてないそうです。

 

それでは、ルビーの指輪を聴いて下さい!

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る