ブログ

マッサンエリーの病気と死因は?実在モデルリタの場合もチェック!

Sponsored Link


images190こんにちは。

マッサン観てますか?

いよいよ「マッサン」も終わりに近づきましたね!

何故だか、

ふと、第1回の事思い出しました。

確か、エリーの遺影をマッサンが見守っていましたよね?

エリーは死んじゃったんだ!!

何故??

急に気になって、調べて見ました。

 

 

 

思い返せば、第1回のとき

1971年、北海道余市!

ウィスキー「スーパーエリー」特別賞受賞の祝賀会!

妻の名前をつけたウィスキーのボトルと、

妻の遺影を並べて、マッサンはエリーを連れて

日本に向かった事を思い出していました。

 

始まりは回想シーンでした。

 

あの時は、まだエリーの事もあまり知らなくて

悲しいとか感じなかったけど、

今、どっぷりマッサンにはまって、エリー大好き♡ になってしまったので

エリーの遺影が凄く悲しく思い出されます。

 

故郷のスコットランドをすて、母を家族をすべてすて

愛する人の国、日本にやって来たエリー!!!

落ち着いて考えると、ものすごい事ですね!

 

そして、今戦争の真っ只中、敵国人と

白い目で見られ、石を投げられ

家から出られなくなった、エリー・・・・・

想像しただけで、息苦しくなります。

 

実在モデル「リタさん」は?

images191

リタさんは、1896年生まれ、明治で言うと29年生まれです。

 

幼少の頃から 身体が弱く 15歳から18歳くらいは

学校にも通えないくらい、病弱だったようです。

 

ドラマと同じで流産されてます。

体質面に原因があった様です。

 

60歳前後からの晩年は、 体調も良くなく 病気がち

だったそうです。

頻繁に体調を崩し、入退院を繰り返して おられた様です。

特に、肝臓や肺が悪かったそうです。

 

子供の頃からの弱い体質と

見知らぬ国での苦労は

彼女の命を縮めたんでしょうね?

 

神奈川県の逗子で療養生活を送っていたリタさんですが、

1960年(昭和35年)の秋に リタさんの希望で

北海道の余市に再び戻って来られました。

 

ダウンロード178

 

そして、1961年1月に永眠されます。(享年64歳)

死因は肝臓病でした。

images193

リタさんのお墓には、政孝さんの名前も一緒に刻んだそうです。

 

 

余市に戻って来られたのは、

自分の最期が分かっていたからではないでしょうか?

リタさんは、スコットランドに似た、風土の余市を

こよなく愛しておられたそうです。

マッサンと苦労して築き上げたウィスキーの里、余市!

大切な場所です ♥ ♥ ♥

images192

リタさんが亡くなった時、竹鶴政孝さんは、悲しみのあまり

部屋に閉じこもり、火葬場にすら姿を現さなかったそうです。

二人は本当の愛で結ばれていたんですね?

 

エリーの最期は?

エリーの最期はどの様に、描かれるのでしょうか?

やはり、実在のリタさんに忠実に描くんでしょうね?

 

日本に連れて来たから、エリーは早く天に召されたと嘆く マッサン!

あのまま、スコットランドで暮らしていれば、

もっと長生きできたのでは・・・・・

 

でも、エリーはきっと幸せだったと思います ♡ ♡ ♡

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る