ブログ

ウルフアロン(柔道)はトレーニングで筋肉が凄い!国籍や出身や母は?

Sponsored Link


こんにちは、スポーツ大好きぐーちゃんママです^^♡

柔道の世界選手権 100キロ級で

ウルフアロン選手が、初出場で初優勝しました。

ニュースで知って びっくり!

ウルフアロン選手って、日本人なの?

名前だけ見ると、完璧 外人ですよね〜

でも、ニュースでは 日本人選手って言ってたので・・・

日本人なんでしょう!!

気になったので、

早速調べてみる事にします。

プロフィール!

ウルフ・アロン(Aaron Phillip Wolf)

生年月日は1996年2月25日

国籍は、日本

東京都葛飾区新小岩出身

身長は181cm・血液型A型

父はアメリカ人・母は日本人

階級は100kg級

組み手は、左

段位は、参段

得意技は、大内刈り

中学校は、文京区立第一中学校

高校は、東海大浦安高校

大学は東海大学

 

柔道を始めたキッカケは?

ウルフ・アロン選手は、母方のおじいさんから

身体が大きいという理由で、柔道を進められ

6歳のとき、講道館にある 春日柔道クラブで練習するようになります。

最初の練習に行った時、指導者の向井幹博先生に

「面白かったか?」と聞かれて

本当は面白くないのに、

気を使って「面白かった」と答えたのが、柔道の始まり!

6歳で大人に気を使うなんて、優しい男の子だったんでしょうね?

このクラブは、1学年上にベイカー茉秋選手や

1学年下に朝比奈沙羅選手がいる、

凄いクラブです。

 

主な戦績は?

100kg超級での戦績

2012年 全日本カデ 優勝(90kg超級)

(カデとは、ジュニア選手による全国大会のこと)

2012年 ポーランドカデ国際 優勝  (90kg超級)

2012年  金鷲旗 優勝

(金鷲旗とは、高等学校柔道大会のこと)

2013年 金鷲旗 優勝

2013年 インターハイ個人戦 優勝

2013年 国体 少年男子の部 優勝

2013年 エクサンプロヴァンスジュニア国際 優勝

2014年 優勝大会 優勝

(優勝大会とは、日本の学生柔道の団体戦のこと)

100kg級での戦績

2014年 全日本ジュニア 優勝

2015年  グランプリ・ウランバートル 優勝

2015年 グランプリ・タシュケント 優勝

2015年・2016年 講道館杯 優勝

2016年・2017年 選抜体重別 優勝

2016年・2017年 優勝大会 優勝

2016年 講道館杯 優勝

2017年 世界選手権 優勝

優勝だけ書いたんですけど、凄い数ですね!(◎_◎;)

 

筋肉が凄すぎ!!

相手を技でなく、力で圧倒したい」が

ウルフアロンさんの 柔道への考え方で

その為に、筋力を鍛えているそうです

なんでも、ベンチプレス150〜160kgも、持ち上げるとか!

この数字がどれだけ凄いか ピンと来ませんが・・・・ごめんなさい

筋トレされている方は、びっくりされる 数字だと思います^^♡

 

お父さんとお母さんは?

お父様は

駒澤大学で英語の講師をされている

お名前は、ウルフ・ジェームズさん

お母さまは 美香子さん

 

まとめ!

徐々に実力をつけ、実績も上げてきた

ウルフアロン選手の 目指すところは、

もとろん、

オリンピックで金メダルをとる事!!

怪我をしないように、頑張ってください、楽しみに待ってます^^♡

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る