ブログ

永拓実は永六輔の孫で東大生!高校や母は?大遺言で作家デビュー?

Sponsored Link


こんにちは、犬が大好き ぐーちゃんママです^^♡

昨年、永六輔さんが亡くなられましたね〜

永六輔さんといえばラジオ番組のパーソナリティーをされていて、

タレントで作詞家・・・

沢山の名言を残してらっしゃる事でも有名です!

「徹子の部屋」40周年記念ゲストとして

パーキンソン病の影響と圧迫骨折した背骨の再手術を控えて

入院先の病院から スタジオへ駆けつけてくれた

車椅子姿の永六輔さんは、

痛々しくて、悲しかったけど

その生き様を、さらけ出し 私たちに何か語りかけてくれている様で

テレビに釘ずけになりました。

そんな永六輔さんの、お孫さん(永拓実さん)が

「大遺言」という永六輔さんの事を書いた本を出版されました。

今日は、永六輔さんのDNAを受け継いでいる 拓実さんの事をチェックしたいと思います。

プロフィール!

永 拓実(えい たくみ)・・本名/ 岡崎 拓実(おかざき たくみ)

1996年、東京生まれ

 

高校時代は、バスケットに夢中!

高校は、國學院久我山高等学校

バスケットの全国大会の常連校でもある、國學院久我山高校のバスケ部で

バスケに明け暮れていたそうです・・・アスリートだったんですね^^

でも、怪我でバスケが出来なくなり

そのショックでしばらくは何もしなかったそうです。

何もしない愚かさに気付き、その鬱憤を勉強に向けたそうです。

 

大学は東京大学!

もう勉強の末、見事 東京大学に合格されました。

もともと、偏差値も60以上の優秀な高校の学生さんだから

合格したんでしょうね!

怪我というマイナスを、プラスのエネルギーに変えるなんて

見習いたいですね〜

 

2016年、JTB交流文化賞最優秀賞を受賞

大学時代国内・海外を一人旅して、地域文化に触れ

インドでの異文化体験をまとめた作品が、

JTB交流文化賞最優秀賞を受賞しました。

 

母は、元フジテレビアナウンサー

お母さまは、元フジテレビアナウンサーの永麻理さんです

本名、岡崎麻理(おかざきまり)さん

 

著書『大遺言~祖父・永六輔の今を生きる36の言葉~』を出版!

永六輔さんが亡くなって、祖父はどんな人だったんだろう? と考える様になったそうでうす。

祖父は著書だけでも200冊以上の作品を残しましたが、

僕たち家族には、直接、何の教えも残さないまま逝ってしまいました。

家庭では他愛のない話ばかり・・・・

「永六輔さんって、どんなところがすごいの?」と聞かれても、答えられなかったそうです。

お葬式の時 参列者の中に

自殺を考え、富士山麓に行ったんだけど、永六輔の明るい声をラジオで聞いて、思いとどまった

という 若い女性に合い

「永六輔さんから人生のすべてを学んだといっても過言ではない」

と、話してくれたそうです。

「永六輔はやっぱりすごい人。しかも人の命を救うほどに。祖父のことをもっと知らなくてはいけない」と。

拓実さんは永さんとの記憶を辿り、

100冊近くの著書と、書斎に遺されていた手帳やノート、メモなどを読み漁り、

そのうえで親交の深かった人々を約30人、訪ね歩き

大遺言を出版されました。

永六輔さんの、素晴らしい言葉が 凝縮されているのでしょう!

興味のある方は、是非、手にとってみてください^^♡

最後に、私が今一番気になってる名言を・・・

 

家族のために死んで見せることが最後にできること その姿勢こそが一番大事

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る