ブログ

まっさん北大路欣也演じる「上杉龍之介」の実在モデルとネタバレ!

Sponsored Link


images147こんにちは、

 

マッサン観てますか?

英一郎の急死にショックをうけ

深い悲しみのマッサンですが、

英一郎が仕込んだウィスキーの原酒を飲んで、

ウイスキー作りを、決意しますね。

出資者たちを欺いて、仕込みをします。

あれから6年・・・・・

やっと出来たスコットランドに負けてない、ウィスキー ♠ ♠ ♠

 

 

ウィスキーは、売れるのか?!

しかし、過去のトラウマから、自分の作ったウィスキーが

世の中の人に、「美味しい」と言ってもらえるか、

不安なマッサン!

そこに現れたのが、北大路欣也さん!

 

ダウンロード136

素敵な方ですよね?

舞台とか、何度か観に行った事があります ♥

ソフトバンクのお父さん犬の声には、ビックリしました(笑)

気取らず、どんな役にも、挑戦されるんですね ♥ ♥

 

 

無類のウィスキー好き ♥ ♥ ♥

 

実は、北大路さん、自ら 「出演したい」とNHKに直訴されたそうなんです!

北大路さんは『どんな役でもいい、酒屋にいる通りがかりの男でもいい』

と、言われたそうです!

北大路さんは、「無類のウィスキー好きの作家、上杉龍之介」という役で出演されます。

 

 

無類のウイスキー好きとして知られる作家、上杉龍之介。

上杉は国内外のウイスキーに通じている。

エマが、中島三郎(温水洋一)の床屋で、みんなに受け入れてもらえるか、

ウイスキー試飲会を開いていたところに現われます。

(床屋のお客さんで、ひげをそってもらってる、ところでした。)

完成したマッサンのウイスキーを恐る恐る上杉に飲んでもらったところ、

その反応は予想もしないものでした。

上杉はその出来映えに驚嘆し、本場スコットランドに劣らないどころか、

日本人にも受け入れられる絶妙なフレーバーだと絶賛したのです。

この上杉の言葉にマッサンは確かな手応えを感じ、

いよいよ北海道果汁製のウイスキーは世へ放たれることになります。

 

 

竹鶴政孝と交流があった北大路!

 

1968年当時のNHK大河ドラマ「竜馬がゆく」に出演されたいた、北大路さんは、

「御縁があって竹鶴政孝様からお声を掛けて下さり、お逢いする機会を得ました」と

竹鶴さんと面識があったことを話されてます。

第一印象は 「眼光鋭く威厳に満ちたお姿だったそうです」

 

竹鶴さんから、

『うん!君の眼が気に入った』と、ぽつり一言いわれて、

北大路さんの緊張は一気にとれ、

政孝様の大きな優しさに包まれたそうです。

それから、北海道工場余市蒸溜所を訪れたりして

そこでウイスキー造りの御苦労、素敵な奥様、リタ様とのこと、

良き仲間の皆様のことなどいっぱい話して下さったそうです。

 

実在モデルは?!

北大路さんのたっての願いで、作られた役どころなので、

実在のモデルは居なかったようですが、

でも、政孝さんの背中を押して下さったかたは

きっと、おられたと思います。

ダウンロード135

 

出資者に報告!

ウィスキーはまだ作らないと、うそをついていたマッサン!!

いよいよ本当の事を言うときが来ました、

どうなるのでしょうか?  楽しみです ♪ ♪ ♪

images148

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る