ブログ

実川欣伸(よしのぶ)はミスター富士山!プロフィールや富士登山のきっかけは?

Sponsored Link


こんにちは、美しいもの大好きぐーちゃんママです^^♡

もう20年も前だけど、静岡県清水市に住んでいたことがあって、

今は、清水市じゃなく静岡市清水区になってるそうですね・・・

朝、せんたく物を干すとき 富士山が見えて・・・

春の富士・夏の富士・秋の富士・冬の富士

四季折々に姿を変える、また日によっても違って見える

富士山が大好きでした。

そんな富士山に なんともうちょっとで2000登頂 という

すごい人が「マツコの知らない世界」に登場します。

實川欣伸(じつかわ よしのぶ)さんです

「日本一安全で安心な山」という富士山の

誰もが楽しめる登山法や深い魅力も紹介してくださるそうです。

實川さんのことちょっと調べてみようと思います^^♡

プロフィール!

實川 欣伸(じつかわ ひろのぶ)

生年月日は、昭和18年7月3日生まれ

出身は横浜市鶴見区

現在、静岡県沼津市在住

大学は、法政大学法学部卒業

 

富士山に初めて登ったのは?

1985年の夏、實川さんが42歳のとき

子供が生まれ、よく家族で一緒に低い山(伊豆山系)を登っていたそうですが

その延長で、家族5人で富士山に登ったのが 初めての富士登山だったそうです

 

なんども富士に登るようになった、きっかけは?

勤務していた 電子部品の製造会社で 毎年一年交代で

外国から20人くらい研修生がやってきて

会社から社宅までの送迎をされていた 實川さんに

研修生が「富士山に登りたい」と言ったそうです

なんとか実現させてあげたくて、登山のガイドをする事になって・・・

年に5、6回 富士山に登るようになったそうです。

 

数々の記録に挑戦!

会社の同僚に、

そんなに富士山に行くなら、何か記録に挑戦したらどうだ」と言われたのがきっかけで

記念登山を自分んで計画して、いろんな挑戦をしたそうです。

☆ 富士山4登山道連続登頂(30時間52分)

☆ 富士山8連続登頂(富士宮口-山頂/54時間56分)

☆ 東京駅から東海道を歩いて最後に富士山を登る

☆ 伊豆半島南部の下田から歩いて富士山を登る

☆ 新潟県の不知火から静岡県の沼津まで、富士山を含めて3000m峰・29座を29日間で登る

ちょっと常識では考えられない、無謀と思えるような計画を

実行するのが、凄いというか・・信じられないですね〜

 

エベレストに挑戦!

富士山だけじゃなく、世界七大陸最高峰にも挑戦していて

現在6大陸最高峰を制覇しているそうです

残る七大陸目が エベレストです

現在エベレスト制覇に向けて日々邁進中だそうです、

是非、無事制覇して欲しいですね^^♡

 

富士山を楽しむため、自然に畏怖の念を持ち続ける!

登山者の傾向も変わって、山ガールというか、若い人が増えましたね。

すごくいいことだと思います。

ただ、これは富士山独特です。

山に興味がない人でも富士山だけは登りたいという人も多いですからね。

一人でも多くの人に富士山に登ってもらいたいと思いますが、

中には草履やハイヒールなどで登る人もいて、それはとても危険です。

僕は登山ガイドもしているので、

ルールやマナーをしっかり守ってもらうようにアドバイスしていきたいと思っています。

と、おっしゃっています、

山を愛している實川さんだからこそ、山に畏怖の念をもって

安全に登り、そして下山して・・・だから

これまで 大きな登山事故を一度も起こしたことがないんでしょうね^^♡

最終目標2230回登頂まで、元気に頑張ってください!!!

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る